さまざまな説

UFOにはさまざまな説があります。

まずは、(1)UFO=宇宙人の乗り物説

UFOといえば、1951年に撮影された光点型のUFOの編隊が有名です。光点型のUFOで夜を中心に目撃されています。一般にUFOと言われれば、これを想像するのがほとんどでしょう。
この説はフィクションの世界において広く引用され(未知との遭遇、インデペンデンス・デイなど)、UFOの中の宇宙人との遭遇を第三種接近遭遇と言います。


(2)自然現象説

UFO目撃者の中には、珍しい自然現象を見てそのショックと恐怖により、UFOを見たと信じこむ人が少なからずいます。その代表例として、球電現象などが挙げられます。
また、その現象自体がごくまれで、研究が進んでいない(私たちがまだ知らない)現象であることも多いです。
また、クロップサークル(ミステリーサークル)がUFOのような光によって作成されていたり、クロップサークルの近くをUFOが飛んでいたりする目撃談があることから、以前はクロップサークルとの関連も考えられていました。しかし、クロップサークルはイタズラ好きの人々によるものであり、「証拠」の「映像」も全てトリックであることが証明されています。


(3)軍事兵器説

特定の国々が極秘に開発した新兵器であるとする説です。
ありえない話ではありません。中でも代表的なのが、アメリカのエリア51におけるUFO開発説です。


(4)タイムマシン説

わたしは、このタイムマシン説に注目しています。UFOは未来の人々が開発した、時間移動を行うために使用する乗り物であるとする説です。
時間移動は実際に可能なのかが疑問視する人もいますが、宇宙人がワープを利用するなら必ずその機械をタイムマシンにも活用できるため、目撃されるUFO搭乗員の姿形がほとんど人間型であることもあいまって、宇宙人説よりは可能性が高いといわれています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3716577
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック